未分類 2015.12.02 (水)
英語、もっとちゃんと勉強しとけばよかった
と思う事がある。
海外旅行のたび、また 駅や道で外国人に何かを聞かれた時。

そして、ニューヨークで展示する あみぐるみの中の
「国や地域の特徴を表した作品の 説明文を英語で送って」
と、主催者から求められた時。
 (ω |||)
展示会開催期間中に、フェイスブックにアップしたり
会場でスライドショーをするんだって。
それは嬉しい! でも困った。
ネット翻訳も試してみたが なんか変な英語。
NYテーマ

そんな時、持つべきものは友達。頼みの綱 (ー人ー)
海外放浪がライフワークの友達が、ちょうど旅立つ前でつかまった!
しかしそこからが また問題。

英訳してもらうための ちゃんとした日本語の作文にひと苦労。
編む時は イメージとか雰囲気とか 脳の感覚的な部分を使うけれど
世界のみなさんへ向けての説明~~~
ふだん使わない部分だ。

お祭サルの方は、外国人観光客向けの 山笠のパンフを見本に なんとかなった。

問題はライオン。
改めてネットで調べました「ガテン系」。
ほぉ~ そうなのか って思う事たくさん。
そして得た色々な知識を なるべく短い文章にして
友達に苦心して英訳してもらった。助かったー。

しかし NYからの感想は…
ガテンライオンの方は、日本人スタッフにはウケたけれど
日本人以外には説明しても伝わらないだろう。

おかしいなあ、
たしか NHKの Cool Japan で、この恰好が海外で人気!って言ってたのになあ。

そして、フェイスブックにアップするのは
サルが選ばれました。

ライオンは会場でのスライドショーに登場
という事になり 日本からは見ることができなくてザンネン。
年末年始 ニューヨークに行かれるという方がいらしたら、見て来てくださ~い。( ̄^ ̄)ゞ

今回は 去年よりいっそう国際色豊かな あみぐるみ達が見られそう!
2nd World Amigurumi Exhibit 2015 at RESOBOX
いよいよ来週 11日 から
スポンサーサイト